Flexible InterConnectとは?

オンデマンドで簡単・セキュアに接続可能な次世代インターコネクトサービス

お客さま拠点とお客さまが利用されているさまざまなクラウドサービスやデータセンターなどの間を閉域でセキュアに

接続する次世代インターコネクトサービスです。

 

「Enterprise Cloud」や「Amazon Web Services (AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud PlatformTM  (GCP)」などの

クラウドサービスや「Nexcenter」および本サービス対応のお客様データセンターを閉域でセキュアに接続します。

さらに、接続先のクラウドや利用するネットワーク帯域、セキュリティ設定などを、ポータルからオンデマンドで簡単に設定、

一元的に管理することができます。

1. 広帯域でセキュアに閉域接続

1つの物理ポートからさまざまなクラウドサービスやデータセンターと接続。接続先ごとに回線の用意も不要です。

また、最大10Gbpsの広帯域接続にも対応。セキュアで安定したデータ流通を実現します。

2. 直感的なUIで一元管理

ポータルサイトから、接続先やネットワーク帯域、セキュリティ設定などを一元管理。

複雑化したICT環境をシンプルでスマートに運用・管理することができ、IT担当者の負担を軽減します。

3. セキュリティやルーティング機能など簡単利用

ファイヤーウォールやNATどをソフトウェアコンポーネントとして提供(オプション)。

専用機器の購入や設定が不要となり、ポータルで必要な機能を選択するだけで簡単に利用可能です。

4. 上限付き時間課金で安心

利用時間に応じ、使った分だけ課金される時間課金。新規ビジネス等の開始に際して

スモールスタートが可能です。さらに、月額料金の上限が設定されているため、安心してご利用いただけます。

 

自社のクラウドサービスをFIC上で提供出来る、XaaS事業者向け接続機能

「Flexible InterConnect」は、IaaS、PaaS、SaaSなどのサービス(XaaS、ザース)を提供する事業者が、自社のサービスを「Flexible InterConnect」の接続先として追加し、閉域網上で利用できるサービスとして提供することを可能にします。
これによりXaaS事業者のビジネスチャンス拡大に貢献します。


XaaS事業者が自社サービスを閉域網で提供するためには、ネットワークに関する専門的な知識や技術に加え、
データセンターの契約やネットワーク機器への投資が必要なことが課題となっていました。
NTT Comは、本機能によりこれらの課題を解決し、XaaS事業者が簡単にセキュアで安定した閉域環境で
サービスを提供することを可能にします。

1. 簡単かつ迅速に閉域網接続のXaaSを提供可能

本機能により、XaaS事業者は、あらたにデータセンターの契約や機器の準備を行うことなく、
自社XaaSのユーザー企業に対し、閉域網上でサービスを提供することができます。

2. ユーザー企業の獲得につながる「カタログ機能」

「カタログ機能」とは、「Flexible InterConnect」のポータルサイト上で、閉域網で利用できるXaaSが一覧で
表示される機能です。「XaaS事業者向け接続機能」によって「Flexible InterConnect」に接続したXaaSは、
「Flexible InterConnect」およびNTT Comの企業向けVPN「Arcstar Universal One」の
サービス利用者(NTT Comのお客さま)に、オンデマンドで簡単に接続できる「接続先」として表示されるようになり、
XaaS事業者の新規顧客獲得に貢献します。

3. エンドポイントへの接続で、効率的にセキュアで安定したサービスの提供が可能

「Flexible InterConnect」内のエンドポイント(ルーターあるいはポート)に接続するだけで、
複数のユーザー企業に対して閉域接続でXaaSを提供できるようになります。
ユーザー企業ごとに論理的に分割された通信を行うため、セキュアな環境でサービスを提供することが可能です。

4. さまざまなクラウド基盤からの接続に対応

XaaSをクラウド基盤上で構築してサービス提供している場合にも、簡単に接続することが可能です。
本機能は、以下のクラウド基盤の接続に対応しています。
・NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」
・「Amazon Web Services (AWS)」
・「Microsoft Azure」
・「Google Cloud Platform™ (GCP)」