よくある質問

Flexible InterConnect をご利用中のお客様からよく寄せられる質問を掲載しています。

Routerのよくある質問

2件中 1-2件を表示しています
表示件数:
  • FIC-Routerが保持する経路数はどのようにカウントされますか?Connection, Monitoring, Router

    FIC-Routerの経路数は、Router内のRouting Group(以下、RG)ごとに保持しているルーティングテーブルのベストパス数を合計したものです。
    以下にFIC-Routerのご利用形態ごとの具体的な経路広告の考え方・経路数の計算の概要をご説明いたします。

    ※以下の例におけるRG→接続先方向の経路広告については、ConnectionのBGP Filter Egressをフルルートで設定された場合の例です。サマライズを設定した場合は3経路のみの広告となります。

    ※接続先からの受信経路だけでなく、接続アドレス・接続ネットワークアドレス等も経路数として加算されるため、下記例と実際の経路数は若干の差分が生じます。

     

    1つのRGに複数のConnectionを接続している場合

    上図のように構成されている場合、接続先AおよびBからの受信経路をそれぞれのConnectionを通じて相互に広告いたします。
    この接続形態における経路数の計算方法は以下の通りです。

    RG1にて保持する経路数:a + b
    FIC-Routerの経路数:a + b

     

     

    複数のRG間にFIC-FWを設定し、複数のConnectionを接続している場合

     

    FIC-FWを含む構成をご利用の場合、RG1~4とRG5~8で経路広告・経路数計算の方法が異なります。

    (RG1~RG4)各RGに接続されたConnectionの受信経路を、RG内およびRGをまたいで相互に広告する
    (RG5~RG8)各RGに接続されたConnectionの受信経路を、RG内で相互に広告する

    そのため、上図の構成例における経路数の計算方法は以下の通りです。

    RG1にて保持する経路数:a + b + c
    RG4にて保持する経路数:a + b + c
    RG8にて保持する経路数:d + e
    FIC-Routerの経路数:(a + b+ c) × 2 + d + e

     

     

    複数のRG間にFIC-NATを設定している場合

    RG間にFIC-NATを設定されている場合、グローバルIPアドレスが設定された側のRGへは設定いただいた数のグローバルIPアドレスが広告されます。
    上図のようにRG1からRG2へX個のNAT利用グローバルIPアドレスを設定されている場合、経路数の計算方法は以下の通りです。

    RG1にて保持する経路数:a + f
    RG2にて保持する経路数:f + X
    FIC-Routerの経路数:a + f + f + X

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • 網内利用アドレスとは何ですか?Router

    網内利用アドレスは、Flexible InterConnect内の保守などのために弊社がお客様よりお借りするアドレスです。そのため、以下の要件に合致するアドレスをご指定ください。

    ・お客様ネットワーク内でアドレスが重複しないこと
    ・プライベートアドレスまたはお客様が正規に取得されたグローバルIPアドレスであること

    なお、以下のアドレス帯に属するアドレスは設定することができませんのでご注意ください。

    ・0.0.0.0/8
    ・100.64.0.0/10
    ・127.0.0.0/8
    ・169.254.0.0/16
    ・192.0.0.0/24
    ・192.88.99.0/24
    ・198.18.0.0/15
    ・198.51.100.0/24
    ・203.0.113.0/24
    ・224.0.0.0/4
    ・240.0.0.0/4

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。