1. FIC-NAT

  • 異なるRouting Group間でNAT通信ができるようにするためには、Source NAPTもしくはDestination NATを適用する必要があります。
  • 作成したSource NAPT/Destination NATに対してそれぞれポリシー設定を行います。

注釈

  • 同時接続可能数の上限は、FWとNATを併用時は1グローバルIPアドレスあたり約62000セッションです。

2. FIC-NATの新設

2.1. 事前に準備いただくもの

接続アドレス設定で「一括」を選択する場合

  • ネットワークIPアドレス/27 (FIC-Router(Paired)を選択時) / ネットワークIPアドレス/28 (FIC-Router(Single)を選択時)

接続アドレス設定で「分割」を選択する場合

  • ネットワークIPアドレス/30を8つ (FIC-Router(Paired)を選択時) / ネットワークIPアドレス/30を4つ (FIC-Router(Single)を選択時)

注釈

  • 既に、FIC-FWが設定されているFIC-Routerを選択した場合は接続アドレスは不要です。
  • FIC-Routerで利用している網内利用アドレスとは別の用途で利用するため、新たにネットワークIPアドレスが必要となります。
  • 同一FIC-Routerでお申込頂いているFIC-Connectionのネットワークアドレスとは別で、新たにネットワークアドレスIPアドレスが必要となります。

2.2. チュートリアル

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューより、NATを導入するルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「新規購入」を押下します。
  1. NAT購入ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. NATの新規購入(1/2)画面が表示されますので、情報を入力し「次へ」を押下します。
  • 接続アドレス設定が「一括」の場合
項番 項目 説明 入力形式
1 接続アドレス設定 「一括」を選択します。 ラジオボタンにて選択
2 利用アドレス プライベートアドレスを1つ設定します。
FIC-Router (Paired)を選択時:ネットワークIPアドレス/27
FIC-Router (Single)を選択時:ネットワークIPアドレス/28
  • 接続アドレス設定が「分割」の場合
項番 項目 説明 入力形式
1 接続アドレス設定 「分割」を選択します。 ラジオボタンにて選択
2 利用アドレス
FIC-Router (Paired)を選択時:プライベートアドレスを8つ設定します。
FIC-Router (Single)を選択時:プライベートアドレスを4つ設定します。
FIC-Router (Paired)を選択時:ネットワークIPアドレス/30
FIC-Router (Single)を選択時:ネットワークIPアドレス/30
  1. NATの新規購入(2/2)画面が表示されますので、情報を入力し「確認」を押下します。
項番 項目 説明 入力形式
1 アドレスセット名 アドレスセットに設定する名前を入力します。 半角英数及び一部記号&()-_ 64文字以内
2 NAT種別 NATの種別を選択します。
プルダウンにて選択
[Source NAPT,Destination NAT]
3 NATアドレス数 NATに利用するグローバルIPアドレスの個数を選択します。
プルダウンにて選択
[1,2,3,4,5]

注釈

  • Source NAPTのグローバルIPアドレスにおけるFIC-Console/API上でのグローバルIPアドレス申込1回あたりの同時申込数の上限は5個になります。(6個以上をお求めの場合は複数回グローバルIPアドレス申込を行ってください。※最大40個)
  • 定義可能なSource NAPTのグローバルIPアドレス数の上限は、1FIC-NATあたり40個です。
  • Destination NATのグローバルIPアドレスにおけるFIC-Console/API上でのグローバルIPアドレス申込1回あたりの同時申込数の上限は1個になります。(2個以上をお求めの場合は複数回グローバルIPアドレス申込を行ってください。※最大30個)
  • 定義可能なDestination NATのグローバルIPアドレス数の上限は、1FIC-NATあたり30個です。
  1. NATの購入確認画面が表示されますので、購入内容を確認し「購入」を押下します。
  1. NAT購入申し込み受付完了画面が表示されますので、「OK」を押下します。
項目 項目 説明
1 受付番号 コネクション購入時に発行された受付番号が表示されます。
  1. 処理が完了すると、エリアビューに購入したNATが表示されます。

3. グローバルIPアドレスの確認

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューよりルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「グローバルIPアドレス設定」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス設定画面に、取得したグローバルIPアドレスが表示されます。
項番 項目 説明
1 対象ルータ ルータ名が表示されます。
2 Filter 検索条件を入力できます。
3 Record 検索結果一覧に表示するレコード数が表示されます。
4 NAT詳細一覧
アドレスセット名:アドレスセットに指定した名前が表示されます。
NAT種別:NATの種別が表示されます。
NATアドレス数:NATに利用するグローバルIPアドレスの個数が表示されます。
グローバルIPアドレス:取得したグローバルIPアドレスが表示されます。

4. グローバルIPアドレスの追加購入

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューよりルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「グローバルIPアドレス設定」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス設定画面が表示されますので、「追加購入」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス追加購入画面が表示されますので、情報を入力し「確認」を押下します。
項番 項目 説明 入力形式
1 アドレスセット名 アドレスセットに設定する名前を入力します。 半角英数及び一部記号&()-_ 64文字以内
2 NAT種別 NATの種別を選択します。
プルダウンにて選択
[Source NAPT,Destination NAT]
3 NATアドレス数 NATに利用するグローバルIPアドレスの個数を選択します。
プルダウンにて選択
[1,2,3,4,5]

注釈

  • Source NAPTのグローバルIPアドレスにおけるFIC-Console/API上でのグローバルIPアドレス申込1回あたりの同時申込数の上限は5個になります。(6個以上をお求めの場合は複数回グローバルIPアドレス申込を行ってください。※最大40個)
  • 定義可能なSource NAPTのグローバルIPアドレス数の上限は、1FIC-NATあたり40個です。
  • Destination NATのグローバルIPアドレスにおけるFIC-Console/API上でのグローバルIPアドレス申込1回あたりの同時申込数の上限は1個になります。(2個以上をお求めの場合は複数回グローバルIPアドレス申込を行ってください。※最大30個)
  • 定義可能なDestination NATのグローバルIPアドレス数の上限は、1FIC-NATあたり30個です。
  • NATグローバルIPアドレスの追加購入を実施した場合、必要に応じてクラウド側へ新規購入したGIPをアドバタイズする必要があります。
  1. NATグローバルIPアドレス追加購入確認画面が表示されますので、購入内容を確認し「購入」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス追加購入申し込み受付完了画面が表示されますので、「OK」を押下します。

5. グローバルIPアドレスの廃止

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューよりルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「グローバルIPアドレス設定」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス設定画面が表示されますので、「廃止」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス廃止画面が表示されますので、廃止するグローバルIPアドレスを選択し「確認」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス廃止確認画面が表示されますので、内容を確認し「廃止」を押下します。
  1. NATグローバルIPアドレス廃止申し込み受付完了画面が表示されますので、「OK」を押下します。

6. ポリシー設定

6.1. 事前に準備いただくもの

Source NAPTの場合

  • 変換前プライベートアドレスはAnyのため不要

Destination NATの場合

  • 変換後プライベートアドレス/32

6.2. チュートリアル

異なるRouting Group間でNATを有効化するためには、Source NAPT/Destination NATに対してそれぞれポリシー設定をする必要があります。

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューよりルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「ポリシー設定」を押下します。
  1. NATポリシー設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. NATポリシー設定画面が表示されますので、「編集」を押下します。
  1. NATポリシー設定変更画面が表示されますので、NAT種別を選択し「ポリシー追加」を押下します。
  1. 情報を入力し、「追加」を押下します。
  • Source NAPTの場合
項番 項目 説明 入力形式
1 送信元Routing Group名 送信元Routing Group名を選択します。
プルダウンにて選択
[group_1,group_2,group_3,group_4]
2 あて先Routing Group名 あて先Routing Group名を選択します。
プルダウンにて選択
[group_1,group_2,group_3,group_4]
3 変換前プライベートIPアドレス anyが表示されます。 固定値
4 変換後グローバルIPアドレスセット NAT変換後に利用するグローバルIPアドレスセットを選択します。
プルダウンにて選択
FIC-NAT購入時、もしくはグローバルIPアドレス追加購入時に設定したアドレスセットを選択できます。

注釈

  • ポリシー運用可能なRouting Group数の上限は、1FIC-NATあたり4個です。
  • Destination NATの場合
項番 項目 説明 入力形式
1 送信元Routing Group名 送信元Routing Group名を選択します。
プルダウンにて選択
[group_1,group_2,group_3,group_4]
2 あて先Routing Group名 あて先Routing Group名を選択します。
プルダウンにて選択
[group_1,group_2,group_3,group_4]
3 変換前グローバルIPアドレスセット NAT変換前に利用するグローバルIPアドレスセットを選択します。
プルダウンにて選択
FIC-NAT購入時、もしくはグローバルIPアドレス追加購入時に設定したアドレスセットを選択できます。
4 変換後プライベートIPアドレス プライベートIPアドレスを入力します。 ネットワークアドレス/32

注釈

  • ポリシー運用可能なRouting Group数の上限は、1FIC-NATあたり4個です。
  1. 「確認」を押下します。
  1. NATポリシー設定確認画面が表示されますので、内容を確認し「変更」を押下します。
  1. NAT購入申し込み受付完了画面が表示されますので、「OK」を押下します。

7. 利用アドレスの確認

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューよりルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「ポリシー設定」を押下します。
  1. NATポリシー設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。

8. NATポリシー設定画面が表示されますので、「利用アドレス」を押下すると、利用アドレスが表示されます。 ※利用アドレスで一括を選択していた場合でも、分割したアドレスが表示されます。

8. FIC-NAT廃止

  1. グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。
  1. 選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されますので、左メニューから「ルータ」を押下します。
  1. 画面右側にメニューが表示されますので、「アドオン設定」を押下します。
  1. ルータのアドオン設定ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. アドオン設定画面が表示されますので、エリアビューより、NATを廃止するルータを選択します。
  1. アドオン設定・変更画面が表示されますので、NATの「廃止」を押下します。
  1. NAT廃止ガイダンスが表示されますので、「次へ」を押下します。
  1. NAT廃止確認画面が表示されますので、内容を確認し「廃止」を押下します。

注釈

  • 廃止の取り消しは出来ないため、廃止対象ルータのNATかどうか確認をお願いします。
  • NATの廃止により、対象NATを利用した通信が出来なくなるためご注意ください。
  1. NAT廃止申し込み受付完了画面が表示されますので、「OK」を押下します。
  1. 処理が完了すると、エリアビューよりNATが廃止されます。