FIC-Connection(Port)

1. サービス概要

1.1 FIC-Connection(Port)の概要

  • Flexible InterConnect(以下FIC)が提供するFIC-Port同士を接続できる機能を提供します。
  • FICが提供するFIC-RouterとFIC-Portを接続できる機能を提供します。
  • テナント間接続、および同一テナント内のリソースを接続できる機能を提供します。テナント間接続を利用することで、効率的な管理が可能となります。

1.2 テナント間接続と同一テナント内接続

  • テナント間接続:異なるテナント間のリソースを接続します。
  • 同一テナント内接続:同じテナント内のリソースを接続します。
_images/cPort_Tenant.png
  • テナント間接続は、接続元から承認要求を行い接続先の承認が必要になります。(上図:FIC-Connection #2、FIC-Connection #3)
  • 同一テナント内接続は、承認が不要になります。(上図:FIC-Connection #1)
※廃止の場合は、承認が不要となります。

1.3 接続形態と接続タイプ(Port to Port)

FIC-Connection(Port to Port)では、以下の接続形態と接続タイプを組み合わせることが可能です。
接続形態 Port/Routerタイプ 接続タイプ 説明 推奨構成(SLA対象)
L2接続 FIC-Portx2 to FIC-Portx2 FIC-Connection (Single) FIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(2本申し込み) (下図①L2接続)
L2接続 FIC-Port to FIC-Portx2 FIC-Connection (Single) FIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(2本申し込み) (下図②L2接続)  
L2 接続 FIC-Portx2 to FIC-Port FIC-Connection (Single) FIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(2本申し込み) (下図③L2接続)  
L2接続 FIC-Port to FIC-Port FIC-Connection (Single) FIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(1or2本申し込み) (下図④L2接続)  
  • テナント間接続
_images/cPort_ConnectionType_L2_InterTenant.png
  • 同一テナント内接続
_images/cPort_ConnectionType_L2_SameTenant.png
_images/推奨構成.png

1.4 接続形態と接続タイプ(Router to Port)

FIC-Connection(Router to Port)では、以下の接続形態と接続タイプを組み合わせることが可能です。
接続形態 Port/Routerタイプ 接続タイプ 説明 推奨構成(SLA対象)
L3接続 FIC-Router (Paired) to FIC-Portx2 FIC-Connection (Paired) FIC-RouterのRouting Group1つと収容先の異なるFIC-Port2つのVLANインターフェースをそれぞれPrimary/Secondaryに指定し、FIC-Connection (Paired)で接続する (下図①L3接続)
L3接続 FIC-Router (Paired) to FIC-Port FIC-Connection (Paired) FIC-RouterのRouting Group1つと1FIC-PortのVLANインターフェース2つをそれぞれPrimary/Secondaryに指定し、FIC-Connection (Paired)で接続する (下図②L3接続)  
L3接続 FIC-Router (Single) to FIC-Portx2 FIC-Connection (Single) FIC-RouterのRouting GroupとFIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続する (2本申し込む) (下図③L3接続)  
L3接続 FIC-Router (Single) to FIC-Port FIC-Connection (Single) FIC-RouterのRouting GroupとFIC-PortのVLANインターフェースを指定し、FIC-Connection (Single)で接続する (下図④L3接続)  
  • テナント間接続
_images/cPort_ConnectionType_L3_InterTenant.png
  • 同一テナント内接続
_images/cPort_ConnectionType_L3_SameTenant.png
_images/推奨構成.png

1.5 申込種別と方法

FIC-Console/APIにて、FIC-Connection(Port)を申し込みいただくことが可能です。

  • Port to Port接続
申込種別 申込方法 納期
新設
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
※テナント間接続の場合は、
接続元にて「STEP1 接続承認申請」を行い、接続先にて「STEP2 承認/否認」を実施する必要があります。承認後、接続元にて「STEP3 接続」を行う必要があります。
詳しくは、チュートリアル をご覧ください。
即日
変更
・帯域変更
・広告/受信経路変更
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
  • Router to Port接続
申込種別 申込方法 納期
新設
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
※テナント間接続の場合は、
接続元にて「STEP1 接続承認申請」を行い、接続先にて「STEP2 承認/否認」を実施する必要があります。承認後、接続元にて「STEP3 接続」を行う必要があります。
詳しくは、チュートリアル をご覧ください。
即日
変更
・帯域変更
・広告/受信経路変更
・AS-Path Prependの変更
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

1.6 提供帯域

FIC-Connection(Port)は、以下の帯域を選択可能です。

 10M/20M/30M/40M/50M/100M/200M/300M/400M/500M/1G/2G/3G/4G/5G/10G

2. 申込時の注意事項

FIC-Connection(Port)の接続条件は以下となります。

共通注意事項(テナント間接続・同一テナント内接続)
  • FIC-Connection(Port)は接続元・接続先リソースが同一エリアに所属していることが条件となります。
  • 事前にFIC-Port、FIC-Router(L3接続の場合)の作成が完了している必要があります。
  • 申込受付完了後、設定完了まで他の申し込みすることはできない可能性があります。
  • Hold Timeが9秒未満でネゴシエーションされた場合、BGPはアップ致しません。
  • 帯域変更を行った場合は、帯域変更完了時点から変更後の帯域に沿った料金に変更となります。
テナント間接続の注意事項
  • STEP2の承認が完了するまでは、申込履歴には表示されません。
  • STEP2の承認は契約代表ユーザーのみ可能となります、管理ユーザ/一般ユーザでは実施出来ません。
  • 接続先にて「STEP2 承認/否認」を30日以内に実施されない場合は、再度、接続元が「STEP1 接続承認申請」から申し込みをする必要があります。
  • 利用料は、接続元のテナントに課金されます。
  • テナント間接続の場合は、接続先のテナント情報、ポートID、VLAN IDが申込時に必要になりますので、事前に接続先から情報を共有してもらう必要があります。