FIC-Connection Common

1. サービス概要

1.1 FIC-Connectionの概要

  • お客さま拠点とお客さまが利用されているさまざまなクラウドサービスやFICリソースなどの間を、接続するセキュアなインターコネクトサービスを提供します。

1.2 FIC-Connectionの特長

  • FIC-PortやFIC-RouterなどのFICリソース間を相互に接続することが可能です。
  • FICとして提供している各種接続先へ接続することが可能です。
  • お客さまの利用シーンに合わせた冗長構成を設定できます。Single/Paired構成が選択可能となっております。

1.3 用語の定義

  • テナント:契約に紐づくFICリソースの管理単位

  • FIC-Console/API:当サービスにて提供するポータル/API

  • F番:各リソースに払い出される13桁のリソースID

  • L2接続:接続元(Source)がFIC-Port

  • L3接続:接続元(Source)がFIC-Router

  • FIC-Connection (Single):FIC-Port、FIC-Routerと各種接続先を1つのFIC-Connectionで接続
  • FIC-Connection (Paired):FIC-Port、FIC-Routerと各種接続先をPrimary/Secondaryの2つのFIC-Connectionで接続(FIC推奨接続)

  • Routing Group:FIC-Routerに内包される仮想的Router

2. 利用できる機能

2.1 機能一覧

本メニューにて利用できる機能は、以下の機能です。各機能を利用するためのFIC-Console/APIを提供致します。

項番 機能 説明 操作方法
1 経路フィルタ機能 BGPの受信種別の選択、広告種別の選択、編集、削除等、経路を制御するフィルタ機能を提供します。 FIC-Console/API
2 BGPルート制御機能
BGPに対してMEDもしくはAS-PATHを付与する機能を提供します。
※各種接続先により異なります
FIC-Console/API
3 Routing Group設定機能 Routing Groupを用いてFIC-Connectionをグルーピングすることで通信を制御する機能を提供します。同一Routing Groupに属するFIC-Connection同士で通信が可能となります。属するRouting Groupが異なる場合はFIC-FWを利用する必要があります。 FIC-Console/API

3. NWレイヤーについて

FICサービスではL2およびL3レイヤで各種接続先との接続が可能です。


L2接続:接続元(Source)がFIC-Port

_images/common_L2.png

L3接続:接続元(Source)がFIC-Router

_images/common_L3.png

4. FIC-Connection (Single)/FIC-Connection (Paired)について

FICサービスではFIC-Connection (SingleおよびPaired)での接続が可能です。


FIC-Connection (Single)

Singleが可能なコネクションは、以下の通りです。

接続タイプ Port ECL2.0 AWS(Private VIF/Transit VIF) Azure(Private Peering/Microsoft Peering) Azure Peering Service GCP Arcstar Universal One XaaS OCN Oracle(Private Peering) Oracle(Public Peering)
L2 x x x x x
L3 x x x x x x x x
_images/common_SingleConnection.png

FIC-Connection (Paired)

Pairedが可能なコネクションは、以下の通りです。

接続タイプ Port ECL2.0 AWS(Private VIF/Transit VIF) Azure(Private Peering/Microsoft Peering) Azure Peering Service GCP Arcstar Universal One XaaS OCN Oracle(Private Peering) Oracle(Public Peering)
L2 x x x x x x x x x
L3 x
_images/common_PairedConnection.png

5. 提供メニュー

FICサービスで提供するメニューは、以下の通りです。


  • FIC-Connection (L2接続)
各メニューの料金については、料金 のページを参照ください
提供エリア 帯域 Port AWS(Private VIF) AWS(Transit VIF) Azure(Private Peering/Microsoft Peering) Azure Peering Service GCP ECL2.0 Arcstar Universal One XaaS OCN Oracle(Private Peering)
Japan East/Japan West 10M          
  20M            
  30M            
  40M            
  50M        
  100M        
  200M        
  300M        
  400M        
  500M        
  1G      
  2G      
  3G            
  4G            
  5G      
  10G      

注釈

  • 帯域は上り/下りそれぞれに適用されます。

  • FIC-Connection (L3接続)
各メニューの料金については、料金 のページを参照ください。
提供エリア 帯域 Port AWS(Private VIF) AWS(Transit VIF) Azure(Private Peering/Microsoft Peering) Azure Peering Service GCP ECL2.0 Arcstar Universal One XaaS OCN Oracle(Private Peering/Public Peering)
Japan East/Japan West 10M      
  20M        
  30M        
  40M        
  50M    
  100M    
  200M    
  300M    
  400M    
  500M    
  1G  
  2G    
  3G          
  4G          
  5G    
  10G    

注釈

  • 帯域は上り/下りそれぞれに適用されます。

6. 接続ネットワークアドレス (申し込み時に必要なIPアドレス範囲・数)

()内は必要なIPアドレス数になります。

コネクション FIC-Connection (Single) (L2接続) FIC-Connection (Single) (L3接続) FIC-Connection (Paired) (L2接続) FIC-Connection (Paired) (L3接続)
Port ○(アドレス不要) ○(/30x2) ○(アドレス不要) ○(/30x4)
ECL2.0 x x x ○(/30x2)
AWS(Private VIF/Transit VIF) ○(/30x1) ○(/30x1) ○(/30x2) ○(/30x2)
Azure(Private Peering/Microsoft Peering) x x ○(/30x2) ○(/30x2)
Azure Peering Service x x x ○(アドレス不要)
GCP ○(アドレス不要) ○(アドレス不要) ○(アドレス不要) ○(アドレス不要)
Arcstar Universal One x x x ○(/29x1)
XaaS ○(アドレス不要)
FIC-Router to FIC-Router(XaaS):○(アドレス不要)
FIC-Router to FIC-Port(XaaS):○(/30x2)
○(アドレス不要)
FIC-Router to FIC-Router(XaaS):○(アドレス不要)
FIC-Router to FIC-Port(XaaS):○(/30x4)
OCN ○(アドレス不要) x x x
Oracle (Private Peering/Public Peering) ○(アドレス不要)
Private Peering:○(/30x1)
Public Peering:○(アドレス不要)
x
Private Peering:○(/30x2)
Public Peering:○(アドレス不要)

○:申し込み可 x:申し込み不可


7. 接続ネットワークアドレスの割り当て

FICおよび、各種接続先に割り当てられるアドレスは以下の通りです。

  • お客さま、またはFICにて接続ネットワークアドレスを払い出している場合
FIC-Connection L2接続/L3接続 アドレス払出し先 アドレス種別
FIC-Connection (Port-Port(テナント間接続)) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection (Port-Port(同一テナント内接続)) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection (Router-Port(テナント間接続)) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection (Router-Port(同一テナント内接続)) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection AWS(Private VIF) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection AWS(Private VIF) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection AWS(Transit VIF) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection AWS(Transit VIF) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection ECL2.0 L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Azure(Microsoft Peering) L2接続 お客さま グローバルアドレス
FIC-Connection Azure(Microsoft Peering) L3接続 FIC グローバルアドレス
FIC-Connection Azure(Private Peering) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Azure(Private Peering) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Azure Peering Service L3接続 FIC リンクローカルアドレス
FIC-Connection Oracle(Private Peering) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Oracle(Private Peering) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Wasabiオブジェクトストレージ L3接続 FIC リンクローカルアドレス
FIC-Connection Port-Port(XaaS) L2接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Router-Port(XaaS) L3接続 お客さま プライベートアドレス
FIC-Connection Router-Router(XaaS) L3接続 FIC リンクローカルアドレス

例:10.0.0.0/29を接続ネットワークアドレスに指定した場合

割当先 接続ネットワークアドレス
FICのPE(Primary) 10.0.0.1/30
各種接続先のPE(Primary) 10.0.0.2/30
FICのPE(Secondary) 10.0.0.5/30
各種接続先のPE(Secondary) 10.0.0.6/30
  • 各種接続先にて接続ネットワークアドレスを払い出している場合
FIC-Connection L2接続/L3接続 アドレス払出し先 アドレス種別
FIC-Connection GCP L2接続 GCP リンクローカルアドレス
FIC-Connection GCP L3接続 GCP リンクローカルアドレス
FIC-Connection Oracle(Public Peering) L3接続 Oracle グローバルアドレス
FIC-Connection OCN L2接続 OCN グローバルアドレス
FIC-Connection Arcstar Universal One L3接続 お客さま プライベートアドレス

例:10.0.0.0/29を接続ネットワークアドレスに指定した場合

割当先 接続ネットワークアドレス
FICのPE(Primary) 10.0.0.2/30
各種接続先のPE(Primary) 10.0.0.1/30
FICのPE(Secondary) 10.0.0.6/30
各種接続先のPE(Secondary) 10.0.0.5/30

8. FICから送付するBGP Community値

FICから広告する経路にBGP Communityを付与する場合があります。値と利用用途は以下の通りです。

Community値 利用用途
37923:10010 AS-PATHに4byteASを含む経路を2byteAS(AS37923のみ)に置換した際に付与されます。(下図参照)
64990:{{ Global ASN }} AS-PATHに4byteASを含む経路を2byteAS(AS37923のみ)に置換した際に送信元のGlobalASを識別できるように付与されます。(下図参照)
64991:{{ Private ASN }} AS-PATHに4byteASを含む経路を2byteAS(AS37923のみ)に置換した際に送信元のPrivateASを識別できるように付与されます。
_images/Common_4byteas.png

9. FICへのBGP Community送付による経路制御

FICへ広告する経路にBGP Community値を付与することにより、FICの対応側からFIC側で受信するMED値をコントロールできます。値と利用用途は以下の通りです。

Community値 利用用途
37923:490 経路制御用、MED値10が付与されます。
37923:480 経路制御用、MED値20が付与されます。
37923:470 経路制御用、MED値30が付与されます。
37923:460 経路制御用、MED値40が付与されます。
_images/Common_med.png

10. お申込みにあたっての注意事項

  • NATが必要なFIC-Connection(例:Microsoft Peering)を申し込む際に、接続元(Source)のRouting Groupは1-8まで選択可能です。ただし、NATは1-4のどれかのGroupにしか適用できないため、Group5-8のいずれかを選択した場合は申し込みが行えません。

  • Azure(Private Peering/Microsoft Peering)とGCPについては、クラウド側とFIC側の帯域をそれぞれ設定可能なため、双方の帯域がアンマッチにならないようにご留意ください。

  • 各種接続先のお申し込みについては、NTT Comは関与致しません。各種接続先と契約頂いた部分の課金開始時、課金停止時については、お客様にてご対応お願い致します。

  • 本サービス説明書に記載の各種接続先の仕様については、調査時点の参考情報であり、予告なく変更、追加、削除となる場合がございます。最新の情報については、各社Webサイト等をご参照願います。

  • FICと接続する他サービスについてのご質問について、各サービス提供元へお問い合わせください。

  • FIC基盤に影響を及ぼす通信が行われていると判断した場合は、通信を止める可能性がございます。予めご了承ください。

  • サービスお申込後処理が完了しない場合は、チケット起票 にてお問い合わせください。
    原因が各種接続先に起因する場合は、接続先の仕様により時間を要する場合がございます。
  • FICのAS番号は「37923」になります。
    また、各接続先のAS番号については各社にお問い合わせください。
  • FICから広告可能な経路のAS-Path長は100未満です。AS-Path長が100以上の経路は破棄されますのでご注意ください。

  • FIC-Connectionを申し込む際に入力するネットワークアドレスは、以下に該当するアドレスは利用出来ません。
    ・FIC-Connection申し込みに利用しているFIC-Routerの借用アドレス
    ・FIC-Connection申し込みに利用しているFIC-RouterのFIC-FW/FIC-NATで利用している利用アドレス
    ・FIC-Connection申し込みに利用しているFIC-Routerの他のFIC-Connectionで利用しているネットワークアドレス