FIC-Connection(Azure)

1. サービス概要

1.1 FIC-Connection(Azure)の概要

  • Microsoft Azure ExpressRoute - Private Peering(以下Private Peering)もしくはMicrosoft Azure ExpressRoute - Microsoft Peering(以下Microsoft Peering)サービスを利用してFlexible InterConnect(以下FIC)と接続します。
  • 購入したFIC-PortもしくはFIC-RouterからPrivate PeeringもしくはMicrosoft Peeringへアクセスするには、Private PeeringもしくはMicrosoft PeeringへのFIC-Connectionをそれぞれ購入する必要があります。

1.2 構成パターン

1.2.1 FIC-Port×2 - FIC-Connection (Paired)構成(Microsoft Peering)
ConnectingPoint
1.2.2 FIC-Port×2 - FIC-Connection (Paired)構成(Private Peering)
ConnectingPoint
1.2.3 FIC-Router (Paired) - FIC-Connection (Paired)構成(Microsoft Peering)
ConnectingPoint
1.2.4 FIC-Router (Paired) - FIC-Connection (Paired)構成(Private Peering)
ConnectingPoint

1.3 FIC-Connection(Azure)

FIC-Connection(Azure)は、以下の〇が付いたConnecting Pointを選択可能です。

①提供エリア ②FIC-Connecting Point   ③Microsoft Peering/Private Peering-Connecting Point
Japan East Tokyo-1 東京
Japan West Osaka-1 大阪

1.4 接続形態と接続タイプ

FIC-Connection(Microsoft Peering/Private Peering)では、以下の接続形態と接続タイプを組み合わせることが可能です。

接続形態 Port/Routerタイプ 接続タイプ 説明 推奨構成(SLA対象)
L2接続 FIC-Portx2 FIC-Connection (Paired)
FIC-PortのVLANインターフェースとAzure(Microsoft PeeringかPrivate Peering)のConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Paired)で接続します。
物理分散されていれば推奨構成となります。(下図①L2接続)
L2接続 FIC-Port FIC-Connection (Paired) FIC-PortのVLANインターフェースとAzure(Microsoft PeeringかPrivate Peering)のConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Paired)で接続します。(下図②L2接続)  
L3接続 FIC-Router (Paired) FIC-Connection (Paired) 1つのRouting GroupのPrimary/SecondaryにそれぞれAzure(Microsoft PeeringかPrivate Peering)のConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Paired)で接続します。Connecting Pointが分散していれば推奨構成となります。(下図③L3接続)
L3接続 FIC-Router (Single) FIC-Connection (Paired) FIC-Router (Single)のRouting Groupと事業者のConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Paired)で接続します。(下図④L3接続)  
_images/azureMS_ConnectionType.png

_images/azurePri_ConnectionType.png

1.5 申込種別と方法

FIC-Consoleにて、FIC-Connection(Microsoft Peering/Private Peering)を申し込みいただくことが可能です。
  • Private Peering
申込種別 申込方法 納期
新設
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
FIC-Connection購入時に、Azure ExpressRouteの作成にて発行されたService Keyの入力が必要
即日
変更
・帯域変更
・広告/受信経路変更
・AS-Path Prependの変更
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
  • Microsoft Peering
申込種別 申込方法 納期
新設
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
FIC-Connection購入時に、Azure ExpressRouteの作成にて発行されたService Keyの入力が必要
即日
変更
・帯域変更
・広告/受信経路変更
・AS-Path Prependの変更
・グローバルアドレスの追加
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
  • APIで参照可能な項目については APIリファレンス をご覧ください。
  • FIC-NATについては FIC-NAT をご覧ください。

1.6 提供帯域

FIC-Connection(Microsoft Peering/Private Peering)は、以下の帯域を選択可能です。

 10M/20M/30M/40M/50M/100M/200M/300M/400M/500M/1G/2G/3G/4G/5G/10G

2. 申込時の注意事項

Azure ExpressRouteとFICとの接続時の注意事項は以下となります。

  • 事前にFIC-Port、FIC-Router(L3接続の場合)の作成が完了している必要があります。
  • Microsoft Azure Portalの操作については、Azureサポート(公式ドキュメントなど)をご確認ください。
  • FIC-Connectionを廃止する際、Private PeeringとVNetの接続を廃止日までに解除する必要があります。
  • FIC-Connectionの廃止の前に、MicrosoftのExpressRouteのS-Keyの削除を実施しないでください。S-keyを削除された場合、Connectionの廃止が正常に完了しません。万が一Connection廃止前にS-keyを削除された場合は、チケット にてお問い合わせください。
  • FIC-Consoleから申し込みをしたPrivatePeeringやMicrosoftPeeringはMicrosoftポータルで削除しないでください。必ず、FIC-ConsoleからFIC-Connectionの廃止申し込みをお願いします。
  • Microsoft Peeringでは、ExpressRoute側のルートフィルタで指定したBGPコミュニティ情報(リージョン情報/サービス情報)に基づく経路がFIC側へ流通します。
  • Yammerなど、ExpressRouteに対応していないサービスがあります。Microsoftのサポート範囲に準じます。
  • FICにてご利用いただく場合、ExpressRoute作成時(S-Key作成時)に【プロバイダー】は一覧から【NTT Communications - Flexible InterConnect】を選択してください。FIC側でExpressRouteの設定が行なえず、開通させることができません。
  • 申込受付完了後、設定完了まで他の申し込みをすることができない可能性があります。
  • Microsoft PeeringのL2接続においては、FIC-NATを利用したグローバルIPアドレスは利用できません。お客さま自身で用意していただいたグローバルIPアドレスで申し込みしていただきます。
  • Microsoft PeeringのL3接続においては、FIC-NATとFIC-NATを利用したグローバルIPアドレスが必要になります。
  • 帯域変更を行った場合は、帯域変更完了時点から変更後の帯域に沿った料金に変更となります。
  • 接続先のAS番号については各社の仕様をご確認ください。

注釈

  • Microsoft側が受信可能な経路数の上限を超過すると通信断となります。お客さまにて経路を削減後、5分以内に自然回復します。
    Private Peeringの場合、受信可能な経路数の上限は、4000以下です。Microsoft Peeringは、200以下です。
  • FIC側が受信可能な経路数上限を超過すると通信断となります。
    Private Peeringの場合、受信可能な経路数の上限は、110以下です。Microsoft Peeringは、5000以下です。