FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)

1. サービス概要

1.1 FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)の概要

  • Amazon Web Services(以下AWS)が提供するDirect ConnectとFlexible InterConnect(以下FIC)を接続します。
  • 購入したFIC-PortもしくはFIC-RouterからAWSへアクセスするには、AWSへのFIC-Connectionを購入する必要があります。

1.2 構成パターン

1.2.1 FIC-Port×2 - FIC-Connection (Single)×2構成
_images/aws_SinglePort2_SingleConnection2.png
1.2.2 FIC-Router (Paired) - FIC-Connection (Paired)構成
_images/aws_PairedRouter_PairedConnection.png

1.3 FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)

FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)は、以下の〇が付いたConnecting Pointを選択可能です。なお、Connecting Pointは分散させることで冗長構成を実現することが出来ます。詳しくは AWSサイト (AWS Direct Connect の回復性に関する推奨事項)をご参照ください。

①提供エリア ②FIC-Connecting Point   ③AWS-Connecting Point
Japan East Equinix-TY2-1   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-2   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-3   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-4   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-5   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-6   Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East Equinix-TY2-7 Equinix TY2TY6 - TY8, Tokyo
Japan East @Tokyo-CC2-1   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-2   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-3   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-4   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-5   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-6   AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan East @Tokyo-CC2-7 AT Tokyo CC1 Chuo Data Center, Tokyo, Japan
Japan West Equinix-OS1-1   Equinix OS1
Japan West Equinix-OS1-2   Equinix OS1
Japan West Equinix-OS1-3 Equinix OS1
Japan West Equinix-OS1-4 Equinix OS1

1.4 接続形態と接続タイプ

FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)では、以下の接続形態と接続タイプを組み合わせることが可能です。
接続形態 Port/Routerタイプ 接続タイプ 説明 推奨構成(SLA対象)
L2接続 FIC-Port×2 FIC-Connection (Single)x2
FIC-PortのVLANインターフェースとAWSのConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Single)x2で接続します。
物理分散されていれば推奨構成となります。(下図①L2接続)
L2接続 FIC-Port FIC-Connection (Single) FIC-PortのVLANインターフェースとAWSのConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(下図②L2接続)  
L3接続 FIC-Router (Paired) FIC-Connection (Paired)
1つのRouting GroupのPrimary/SecondaryにそれぞれAWSのConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Paired)で接続します。
Connecting Pointが分散していれば推奨構成となります。(下図③L3接続)
L3接続 FIC-Router (Single) FIC-Connection (Single) FIC-Router (Single)のRouting Groupと事業者のConnecting Pointを指定し、FIC-Connection (Single)で接続します。(下図④L3接続)  
_images/aws_ConnectionType.png

1.5 申込種別と方法

FIC-Console/APIにて、FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)を申し込みいただくことが可能です。
申込種別 申込方法 納期
新設
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
別途、お客様側のAWS操作にてHosted Connection(L2接続の場合)/Virtual Interface(L3接続の場合)の承認が必要です。
即日
変更
広告経路 /受信経路の変更
・AS-Path Prependの変更
FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み
※Private VIF/Transit VIFとPublic VIFでは選択可能なパラメータが異なります。くわしくはチュートリアルをご参照ください。
即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

1.6 提供帯域

FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)は、以下の帯域を選択可能です。

  • Private VIF/Public VIF

 50M/100M/200M/300M/400M/500M/1G/2G/5G/10G

  • Transit VIF

 1G/2G/5G/10G

注釈

  • 帯域は上り/下りそれぞれに適用されます。

2. 注意事項

  • 【共通】FIC-Connection AWS(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)のAWS側の仕様は、AWSのDirectConnectサービスに準じます。詳細は、AWSサイト (AWS Direct Connectについて)をご参照ください。
  • 【共通】AWS Management Console等のお客様AWS環境の操作方法については、AWSサポート(公式ドキュメントなど)をご確認ください。AWS仕様となりますため、弊社でのサポートやお問い合わせはお受けできませんので、予めご了承ください。
  • 【L2接続の場合】事前にFIC-Portが必要です。
  • 【L2接続の場合(Public VIFのみ)】お申込みに必要なグローバルIPアドレスは、お客さま自身にご準備いただく必要がございます。
  • 【L2接続の場合】お客さまのAWS上にHosted connectionを作成いたします。(お客さまにて該当のHosted Connection上に[Private/Transit/Public] Virtual Interfaceを作成いただくことが可能です。なお、Transit VIFはAWSの仕様により1G以上のConnectionからご利用いただけます。)
  • 【L2接続の場合】FIC-Connection AWS購入後にお客様のAWS側操作よりHosted Connectionの承認が必要です。
  • 【L2接続の場合】FIC-Connectionを廃止する際、お客様のAWS環境にて予めVirtual Interfaceを廃止削除する必要があります。削除されないで廃止申込を実施した場合、エラーとなります。
  • 申込受付完了後、設定完了まで他の申し込みをすることができない可能性があります。
  • 【L3接続の場合】お申込みのFIC-Connectionに応じて、お客さまのAWS上にPrivate Virtual Interface、Public Virtual Interface、Transit Virtual Interfaceを作成いたします。
  • 【L3接続の場合】事前にFIC-Routerが必要です。なお、Public VIFの場合はFIC-Routerに加え、FIC-NAT(グローバルIP、ポリシー設定)が必要です。
  • 【L3接続の場合(Private VIFのみ)】申込時に入力いただくAS番号は、仮想プライベートゲートウェイ、もしくはDirect Connect Gatewayで利用するプライベートASNを入力してください。(パブリックAS番号を入力することはできません。)ASNについては AWSサイト (仮想プライベートゲートウェイの関連付け)をご参照ください。
  • 【L3接続の場合(Transit VIFのみ)】Transit VIFのL3接続を申込時に入力いただくAS番号は、Direct Connect Gatewayで利用するプライベートASNを入力してください。(パブリックAS番号を入力することはできません。)ASNについては AWSサイト (トランジットゲートウェイの関連付け)をご参照ください。
  • 【L3接続の場合】FIC-Connection購入後、お客様のAWS側操作にてVirtual Interfaceの承認が必要です。
  • 【L3接続の場合(Public VIFのみ)】お客様によるVIFの承認後、該当VIFをAWSが検証いたします。この検証を完了するには、 こちら の「オプション#2」でご案内されているとおり、お客様AWS環境下で、弊社のグローバルIPアドレスとAS番号を利用することを弊社が許可する証明書(LOA)が必要となります。LOAはConnection購入後の履歴ページからダウンロードのうえご利用ください(詳しくはチュートリアルをご参照ください)。なお、この承認プロセスや方法については、2021年5月時点のAWS仕様に基づき記載しております。AWS仕様となりますため、AWS側の操作等に関わる弊社でのサポートやお問い合わせはお受けできませんので、予めご了承ください。
  • 【L3接続の場合(Public VIFのみ)】AWSによるVirtual Interfaceの検証が完了するまでBGPが立ち上がりません。
  • 【L3接続の場合(Private VIF/Transit VIFのみ)】お客さま側にて、Virtual Interface承認を実施するまでBGPが立ち上がりません。
  • 【L3接続の場合(Private VIF/Transit VIFのみ)】 お客さまがVirtual InterfaceとVirtual Private GatewayまたはDirect Connect Gatewayとの紐付を誤った場合、紐付を変更することは出来ません。またすでに承認及びアタッチされているVirtual Interfaceは、AWSの仕様により再利用することはできません。その場合には、Virtual Interfaceを新たに作り直すため、再度FIC-Connection AWSの廃止および新設を実施する必要があります。

注釈

  • 経路変更時に通信断は発生しません。
  • AWS側が受信可能な経路数上限を超過すると通信断となります。お客さまにて経路数を削減した後に5分以内に自然回復します。
    Private VIF/Transit VIFの場合、AWS側が受信可能な経路数の上限は100以下です。
    Public VIFの場合、AWS側が受信可能な経路数の上限は経路は1,000以下です。
  • FIC側が受信可能な経路数上限を超過すると通信断となります。お客さまにて経路を削減後、BGPセッションクリアを行うと回復します。
    Private VIF/Transit VIFの場合、受信可能な経路数の上限は110以下です。
    Public VIFの場合、受信可能な経路数の上限は7,000以下です。
  • AS-Path Prependの設定変更時に通信断は発生しません。