Flexible InterConnect APIリファレンス

本ページでは、Flexible InterConnectのサービスにおいて提供しているAPIリファレンスをご覧いただけます。

Flexible InterConnectのAPIをはじめて利用される方へ

Flexible InterConnectのAPIを初めてご利用になる際には、認証Token及びAPI鍵/API秘密鍵の取得が必要です。
以下のページに手順を用意しています。


Flexible InterConnectでは定期的なAPI鍵、API秘密鍵の更新を推奨しております。 以下手順よりご計画の上、API鍵更新を実施してください。

API鍵更新手順


エンドポイントの一覧

Flexible InterConnectのAPIのエンドポイントは以下のとおりです。

サービス名 エンドポイントURL
Keystone https://api.ntt.com/keystone
管理機能 https://api.ntt.com/sss
FIC https://api.ntt.com

サービス別のAPI一覧

APIの一覧、API実行に必要なパラメータが掲載された各APIリファレンスは下記のリンクよりご確認いただけます。

1.管理機能
SSS  
2.FIC

2.1 共通機能
Area Location
Switch  
Loa Loa-Connection
Operation Interconnect
2.2 FIC-Port
Port  
2.3 FIC-Router
Router  
2.4 FIC-Connection
Approval-Request  
Connection-Port Connection-Router
Connection-AWS(Private VIF/Public VIF/Transit VIF)  
Connection-ECL2.0 Connection-GCP
Connection-Azure(Microsoft Peering/Private Peering) Connection-Azure Peering Service
Connection-Oracle(Private Peering/Public Peering) Connection-Wasabi Object Storage
Connection-Arcstar Universal One Connection-Super OCN Flexible Connect
2.5 L3-Component
Component-FW Component-NAT
2.6 XaaS公開機能
PublicService ConnectionsList
2.7 FICサポート
モニタリング